人気ブログランキング |

■突然・・・「あなたのポジションがなくなります」

2019228日付でA.Yマーケティング本部長は辞職しました。

全ての不正についてはようやく幕を下ろすかに思えていた34日にA.A.さんはマーケティング本部長代理であるJ.K氏と人事担当のK.K氏に呼び出されました。

そこで両名からA.A.さん職位であるCRM担当マネージャーのポジションがなくなるとこと告げられました。そしてA.A.さんに退職条件を記載した覚書を交付し2019327日までに回答を下さい。という退職勧奨をしてきました。

しかも社内公募イントラのリクルートページにはCRMのポジションの募集をしていました。

このポジションクローズ(あなたのポジションがなくなります手法)は今までアボットジャパンにおいて

出勤停止措置から解雇を想定したものであり日本の法律に基づく「解雇制限放置をかいくぐるため」に用いられてきたアボットジャパンでたくさんの社員に用いられてきた常套的な手法です。

会社のビジネスを危機から救うことになる申告をしたA.A.さんに事業部と人事本部はこの有様です。

非常に恣意的な報復的な対応であり、上層部において何か不都合な真実であったのでしょうか?

A.A.さんはこの意思決定は誰がしたのかを問いただしました。

すると「この決定は前GMであり現在では日本を統括するシンガポールオフィスのキャサリーン・T氏とE.M氏によるもので人事本部のI.T人事本部長、K.K氏も同意した」と告げました。

J.K氏はこの会議の後に、目をはらした状態でA.A.さんに「自分の本意ではないこと」を告げました。

そのころ、A.A.さんは心療内科の医師から「重度のうつ状態」であるとの診断を受け療養に必要を指摘されるまでになっていました。


【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-19 22:59

お問い合わせは東京ユニオンへ