人気ブログランキング |

■A.Aさんは組合員であることを公然化。「退職の意思がないこと」を会社に示しました。

2019318A.Aさんはアボットジャパン代表取締役社長 天野総太郎氏あてに「東京ユニオンの組合員であること」を公然化し、退職の意思がないことを文書で通知しました。

また、今までの会社が行ってきたことに対しての説明を団体交渉の場で求めるため日時を指定しました。

ユニオンからは団体交渉はアボットジャパン内の会議室、またはユニオン会議室で設定するよう求めました。

会社はユニオンが申し入れた329日の団体交渉の開催に同意したがこれを4月上旬をすぎないと交渉日程を調整できないとして引き延ばしを行いました。

その間にアボットジャパンADC事業部ではシンガポールでマーケチング部門のキックオフミーティングが行われA.Aさんも出席する指示がなされていたのにもかかわらず渡航手続きも申請行為も行われておらず、彼女を疎外しています。

これはアボットジャパンがA.Aさんを排除しようとしていることを示すものであり、退職勧奨が実質的な「退職強要」に変わったものもしくは事実上の解雇に等しいものであることを示しています。


【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-18 23:10

お問い合わせは東京ユニオンへ