人気ブログランキング |

■ アボットジャパンは代理人弁護士を通じてA.A.さんのキャリアを無視したポジションを提示

アボットジャパンはA.A.さんに現在のポジションがなくなるので、勤務地の三田本社から「松戸事業所でのQA(品質保証)」のポジションのどちらかを選び3月27日までに返答するように迫ってきました。

三田本社のADCゼネラルマネージャーE.M氏からの「犬を追い払うようなシッシッ...」というゼスチャーを彷彿させます。
また会社は3月29日団交開催の合意にもかかわらず、一方的に延期してきました。
団体交渉は会社と労働組合が誠意をもって話し合う憲法にも定められた労働者の権利でもあります。
アボットは団体交渉を弁護士任せにせず誠実な団体交渉をして下さい。

東京ユニオンは再び会社に団体交渉開催を求めました。

組合発2019-003

2019326

申入

アボット ジャパン株式会社

代表取締役社長 天野総太郎 様

弁護士法人 プラム綜合法律事務所

上記代理人弁護士 梅澤 康二 様


                                          記

一、当組合は、A.A.組合員が退職の意思がないことは既に明らかにしています。貴社がA.A.組合員に求めている3月27日までの回答は、

   直ちに撤回してください。

二、この要求を無視して、貴社があくまでもA.A.組合員との個別の話し合いを強行するならば、その行為は不当労働行為にあたります。

   当組合は不当労働行為に対しては、直ちに法的措置をとることを通知しておきます。

三、当初の3月29日団交開催の合意にもかかわらず、貴社によって一方的に延期されました。

   当組合は、速やかなる団体交渉の開催を求めます。次回の開催予定を明らかにしてください。

四、本申入れに対する回答は3月29日(金)午後5時までに書面での回答を要求します。   

                                                                 以上



【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251



by Abbott1219 | 2019-05-16 23:41 | Comments(0)

お問い合わせは東京ユニオンへ