人気ブログランキング |

■法務部への相談

921日 A.A.さんは人事部のK.K氏の今後の手続きについては具体的にアドバイスを一切受けられないまま、藁をもすがる思いでI.I法部長に相談をしました。

A.A.さんはアボットジャパンの中で「いったい誰に何をしたら不正行為が正されるのか」皆目見当がつかなかったからです。

I法務部長は「事業部長のE.M氏に申告する」ことを進められました。

A.A.さんは何が何だか分からなくなってきました。

【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251

by Abbott1219 | 2019-05-31 00:00

921日同日、A.A.さんは再びゼネラルマネージャーのE.M氏にI法務部の勧めもあってE.M氏に申告しましたが「あなたの直属場長はマーケティング本部のA.K部長であり、「自分への報告は一切認めない」としA.A.さんの行動を強く非難しました。

A.A.さんは前にも増してこのストレスに不眠。食欲不振、皮膚炎、胃炎に見舞われることとなり面の前が真っ暗になっていくのがわかりました。

【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251




by Abbott1219 | 2019-05-30 00:00

92227日にかけての会議で「K.S氏は、ゼネラルマネージャーE.M氏に過去3年間にM社への架空発注と不正会計にかかわる具体的な報告が行われました。

この件は、法務部I.I部長、I.T人事本部長、コンプライアンス部Iマネジャーにも通報されました。また、法務部長I.I氏、コンプライアンス部Iマネージャーにも通報されました。

【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251





by Abbott1219 | 2019-05-29 00:00

のちに知ったことですが、910日にはBLT社という会社からからアボットジャパン代表取締役社長天野総太郎氏に1通の警告便が届いていました。これは「例のM社からの未払い」を訴えるものでした。これはマーケティン部本部長のA.Y氏、T.B.Mが関与していた不正な会計の件に関連していたことでした。

ジレンマを抱えたまま、会社からのサポートも受けられず、解決の糸口を見いだせないまま、精神的にも追い込まれ心身に症状として現れる中、業務を遂行していました。

1011日ゼネラルマネージャーE.M氏はA.A.さんがコピー複合機で印刷している後ろを通過する際、「チッチッチ」と舌打ちをして、A.A.さんに攻撃的姿勢を示してきました。

このゼネラルマネージャーから発せられる言動は部下である一社員からはなお一層、脅威と恐怖を与えられるものでした。

なぜ、ゼネラルマネージャーE.M氏は、A.A.さんの行動と存在を望ましくないと考えるようになっていたのでしょうか?

何かE.M氏の立場として、不都合な出来事でもあるのでしょうか?

1023日ごろA.A.さんはE.M氏からK.Sファイナンス部長に「ADCチームには絶対秘密にするよう指示」するなどさらに不正を隠ぺいするかのような言動がありました。

ADCゼネラルマネージャーE.M氏は、この頃になると、A.A.さんを職場の人間関係から孤立させるため、事業部の最高責任者である自分はA.A.さんを事業部の一員として認めていないという態度を露骨に示すようになりました。

12月中旬ごろから事業部の社員にA.A.さんを物理的に三田本社の置いておきたくないので、アボットの松戸市松飛台にある“松戸事業所”で預かってもらえないか。」などと要請するようになりました。

A.A.さんにだけ、すれ違ってもあいさつもしないというように、完全無視をして、自身の統括する部署の社員としては認めないという態度を露骨に示すようになりました。


【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251



by Abbott1219 | 2019-05-27 00:17

1018A.A.さんはM社からSカンパニーに支払いをさせるようA.Y本部長から指示を受けました。

A.A.さんはこの支払は「下請け法に抵触するのでは?」という疑問をA.Y本部長に投げかけるとともに会社で調査が入っている中「架空請求をなかったことにすることに関与したくない」と申し出ました。

するとA.Y本部長は人事本部長I.Tに「A.A.さんが不正を働いた」と報告したのです。

1029日に再びM社からSカンパニーに支払いをさせるように指示をうけましたが再び「架空請求をなかったことにすることに関与したくない」と拒否しました。

【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-25 22:49

112A.A.さんは人事本部K.K氏から「A.Y本部長からの支払い依頼の拒否は懲戒解雇に匹敵します。」というメールを受け取りました。

K.K氏が好んで使用されている「一般的」にいってもあり得ない内容のメールです。

就業規則のどこにそのような手順が示されているのでしょうか?

このK.K氏からのメールはA.Y本部長を擁護するためにこれまでの調査結果を否定しチーム社員からのヒアリングなどの調査をしないままK.K.さんの正当な通報こそが問題があると非難しているものです。

そこに人事担当者としての大義はなく、職務の高いポジションの社員に励行するという人事のプロフェッショナルとしてあるまじき言動であるとともに職位を乱用した非常に重大なハラスメントを社員に行ったといえるのではないでしょうか?

【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに

残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-23 22:52

1115A.A.さんはI.T人事本部長からヒアリングを受けました。

A.A.さんからの話を聞かず、冒頭から懲戒解雇の可能性があると厳重注意を受け、何度もA.Aさんが「虚偽申告」を行っているという指摘までしてきました。

A.A.さんは事実をもって反論しました。

【東京ユ

ニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに

残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-22 22:56

「虚偽の申告をした」として人事本部からの懲戒解雇の可能性を示唆され汚名と濡れ衣を着せられているA.Aさんとは裏腹にアボットジャパンは1130日に財務管理本部長K.M氏の介入により、Sカンパニーへのプロジェクト費用の支払いが進められることとなりました。

1215日にA.Y本部長と、T.B.M氏は出社停止措置となりました。

1220日にはA.A.さんはI.I法務部長から「彼らの架空発注と水増し請求の合計が2億円あったこと」をしらされ刑事告発するかどうかグローバル承認待ちであることを伝えられました。

  1. Aさんの告発内容は正当であり何らの間違いはなかったのです。

そうなると、人事本部の「懲戒解雇の可能性・・・云々」というものの根拠は何だったのでしょうか?

また、真実を確かめずA.A.さんに心理的圧迫を与える脅迫まがいの真実を曲げたメールや、ヒアリングなるものは世界をリードするグローバルヘルスケアカンパニーとしてあるまじき行いなのではないでしょうか?


【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに

残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-21 21:58

2019228日付でA.Yマーケティング本部長は辞職しました。

全ての不正についてはようやく幕を下ろすかに思えていた34日にA.A.さんはマーケティング本部長代理であるJ.K氏と人事担当のK.K氏に呼び出されました。

そこで両名からA.A.さん職位であるCRM担当マネージャーのポジションがなくなるとこと告げられました。そしてA.A.さんに退職条件を記載した覚書を交付し2019327日までに回答を下さい。という退職勧奨をしてきました。

しかも社内公募イントラのリクルートページにはCRMのポジションの募集をしていました。

このポジションクローズ(あなたのポジションがなくなります手法)は今までアボットジャパンにおいて

出勤停止措置から解雇を想定したものであり日本の法律に基づく「解雇制限放置をかいくぐるため」に用いられてきたアボットジャパンでたくさんの社員に用いられてきた常套的な手法です。

会社のビジネスを危機から救うことになる申告をしたA.A.さんに事業部と人事本部はこの有様です。

非常に恣意的な報復的な対応であり、上層部において何か不都合な真実であったのでしょうか?

A.A.さんはこの意思決定は誰がしたのかを問いただしました。

すると「この決定は前GMであり現在では日本を統括するシンガポールオフィスのキャサリーン・T氏とE.M氏によるもので人事本部のI.T人事本部長、K.K氏も同意した」と告げました。

J.K氏はこの会議の後に、目をはらした状態でA.A.さんに「自分の本意ではないこと」を告げました。

そのころ、A.A.さんは心療内科の医師から「重度のうつ状態」であるとの診断を受け療養に必要を指摘されるまでになっていました。


【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-19 22:59

2019318A.Aさんはアボットジャパン代表取締役社長 天野総太郎氏あてに「東京ユニオンの組合員であること」を公然化し、退職の意思がないことを文書で通知しました。

また、今までの会社が行ってきたことに対しての説明を団体交渉の場で求めるため日時を指定しました。

ユニオンからは団体交渉はアボットジャパン内の会議室、またはユニオン会議室で設定するよう求めました。

会社はユニオンが申し入れた329日の団体交渉の開催に同意したがこれを4月上旬をすぎないと交渉日程を調整できないとして引き延ばしを行いました。

その間にアボットジャパンADC事業部ではシンガポールでマーケチング部門のキックオフミーティングが行われA.Aさんも出席する指示がなされていたのにもかかわらず渡航手続きも申請行為も行われておらず、彼女を疎外しています。

これはアボットジャパンがA.Aさんを排除しようとしていることを示すものであり、退職勧奨が実質的な「退職強要」に変わったものもしくは事実上の解雇に等しいものであることを示しています。


【東京ユニオンは、解雇された・パワハラを受けている・仕事量が増えているのに残業を制限された・残業代が支払われない・仕事で病気になった・嫌がらせを受けている・これって退職強要!?・PIPを受けたなどの相談を秘密厳守でお受けしています。お気軽にご相談ください。】

東京ユニオン 担当 加藤真一

連絡先:03-5354-6251


by Abbott1219 | 2019-05-18 23:10

お問い合わせは東京ユニオンへ